トップページ | 2008年9月 »

2008年8月の記事

2008年8月31日 (日)

言葉かけは慎重に

 前回は、勉強は子どもの課題であれば、本来、親は何もすることがないということを指摘しました。しかし、今回はこのことの理解を前提として、子どもたちにどう関わっていけばいいか、とりわけ子どもがあまり積極的に勉強に取り組んでいないように見える時にどう関われるか考えてみましょう。
 子どもたちが勉強に取り組み、いい成績を取っているのであれば当然親は何もする必要はありません。しかしそんな子どもでも行き詰まることはあるでしょう。そんな時何か親にできることがあればと思いますし、子どもの方からも親に頼ってみたい、援助してほしいと思うこともあるでしょう。親が子どもの代わりに勉強することはできませんし、子どももそのことはわかっているはずです。
 まず、子どもを追い詰めないことが大切です。成績を悪いことを苦にして凶行に及んだ子どもの話は他人事ではありません。誰でも思うような成績を取れないことはあります。とりわけ日頃よくできると思っている子どもは、人から見ればいい成績でも動揺してしまいます。
 そこで思うような点数を取れなかった時でも、失敗を恐れない子どもになってほしいので、子どもが親に叱られるのではないかと恐れないようにすることは親ができる数少ないことの一つです。成績がよくない時にそのことについて子どもが親に話すということは、ある意味で援助を求めてきているということです。そんな時に、「こんな成績では駄目じゃない」というような言葉をかければ、多くの子どもは勇気をくじかれるでしょう。「よく頑張ったね」と達成できたことに声をかけるのは安全です。大切なことは結果ではなく、結果に至るプロセスなのです。試験ではやはり結果がすべてである、と考える方もあるかもしれませんが、子どもが結果が出ることを恐れてそもそも試験を受けない、それどころか勉強することも断念するところまで追い詰めては子どもを援助することにはなりません。
 親には何もいってこないで落ち込んでいるように見える時はそっとしておくことも大切なことです。「辛そうね」というふうな言葉をかければ、私〔僕〕は苦境を一人では乗り切れない、と思うようになるかもしれません。
 では、いい成績を取ってきた子どもには何といえばいいでしょう。この場合も、本来的には何もいう必要はありません。強いていうとすれば先の場合と同じく「頑張ってね」か点数には反応しないで「うれしそうだね」です。「次も頑張るのよ」は、子どもが自信があれば、そのようにいわれても平気でしょうが、今回はたまたまいい点が取れただけと思っている子どもにとっては「頑張れ」はプレッシャーになるでしょう。
 カウンセリングをしていると子どもと勉強の話しかしていなかったことに気づかれる人があります。勉強は子どもの生活の大切な部分であっても、そのすべてではないはずです。生活全般で親子関係がよくなければ子どもを援助しようとする働きかけに子どもが反発することはあります。次回は親子関係の改善について考えてみます。
(『ぷろぽ』2006年10月号)

| | コメント (0)

argus-eyed ...

argus-eyed ...

 天気予報は外れ、雨が止み晴れたので、今朝は近くの池で蓮を見た後、植物園へ。この時期、花はほとんど咲いてないのだが、蝶の写真を撮れるかと思っているとはたしてヒメウラナミジャノメを見つけた。蝶としてはわりあい地味だが、こんなふうに羽を広げていると、羽の模様が目を引いた。ギリシア神話に出てくるアルゴスの名を持つ。

| | コメント (2)

行く夏

bathed in the sun

where have the flowers gone?

pigeons' paradise ...

 この夏は向日葵の写真をたくさん撮った。去年は二枚しか撮らなかったが、これはそのうちの一枚で、今も好評を博している。向日葵は咲いていると華やかだが、すぐに盛りを過ぎる。とはいえ、そんな向日葵を撮れないわけではない。雨の中、向日葵の様子を見に行ったら、ホオジロや鳩がいた。鳩が乗るとかなり思いのではないかと思うのだが、向日葵は懸命に重みに耐えているように見えた。暑い夏は辛いが、夏が終わるかと思うとたまらなく寂しくなる。

| | コメント (0)

子どもを援助するために

【『ぷろぽ』という中学受験の情報誌に2006年の7月から「アドラー心理学入門」と題して毎回原稿用紙にして3枚分のコラムを連載しています。受験生の親が読むであろうような雑誌に勉強は子どもの課題であるというようなことを書くことには勇気がいりました。連載は続いています。不定期で過去のコラムを掲載します。】

子どもを援助するために(『ぷろぽ』2006年7月号)

 子どもを援助しようと思わない親はいないでしょう。親の目から見て子どもの考えていることやしていることは幼く、危なっかしく見えるものです。
 ところが親としては子どもを援助するつもりでも、子どもがただうるさいこと、煩わしいこととしか受け止めないことがあります。そのことでかえって子どもとの関係を損ねてしまい、本当に親が子どものために動かないといけない時に、子どもに援助の手が届かないということが起こってしまいます。
 そこで子どもを援助できるためには、まず、その適切な方法を知る必要があります。次に、援助が有効なものとなるためには、親子関係がよくなければ、子どもを援助しようとする働きかけに子どもが反発するということがあります。
 ところで、そもそも子どもの勉強を援助できるのでしょうか? もしも子どもが勉強しないとすれば、そのことの結末は誰にふりかかるでしょうか? 誰が困るでしょう? このようにたずねると質問の意図を理解した多くの親は「子どもです」と自信なさげに答えられます。自信たっぷりに「親です」と答えられると私は困ってしまうのですが、正直なところ、親が困るのだと考えている方もあるかもしれません。しかし、子どもは親のために勉強しているのではありません。かつて私たちが子どもだった頃、親のために勉強しているとは思わなかったのではないでしょうか?
 このように結末が子どもにふりかかるとすれば、勉強は子どもの課題であるというふうに私はいっています。もしも勉強が子どもの課題であるならば、残念ながら親が子どもの課題に踏み込むことはできません。大人も、他人に自分のことについてあれこれいわれたら嫌な気持ちがするでしょう。親は子どもに勉強をしてほしいと思うあまり、子どもに「勉強した?」とか「早く勉強しなさい」と声をかけてしまいますが、勉強は子どもの課題なのですから、そんなふうに声をかけることは本来できないのです。もしも親が子どもを信頼し、勉強のことは子どもに任せるという勇気があれば、もう親は何もしなくてもいいといってもいいのです。実際、私は子どもに一度も「勉強しなさい」という言葉をかけたことはありません。
 しかし、そんなわけにはいかないのだ、うちの子どもは放っておいたら勉強しないといわれるのであれば、親と子どもの共同の課題にする手続きを踏みましょう。最近あまり勉強しているようには見えないけど、そのことについて話をしてもいいだろうか、というふうにです。しかし、このようにいっても子どもが親からの働きかけを拒否すれば、残念ながら親としてはできることはありません。子どもとて勉強しなくてはと思っているでしょう。そのような子どもに勉強しなさいと正論を突きつければ、子どもが勉強することを止めてしまうこともあります。子どもの面子をつぶしてはいけません。
 他方、もしも子どもが援助を依頼してきたらどうしましょうか? その場合も子どもが頼んでいないことまで援助していいわけではありませんし、子どもの勇気をくじかないように声をかけなければなりません。このことについては次回、考えてみます。

| | コメント (9)

2008年8月30日 (土)

空から妖精

the fairy from heaven ...

 雨が続き、写真を撮りに出かけられなかったが今日は傘を持って出かけた。これは今日ではなく22日に撮ったものだが、このベニシジミを撮った場所を通りかかって、この写真から受ける印象とは違って、小さな蝶であることを実感した。1.5cmほどの大きさである。蝶の写真をたくさん撮ったが、ベニシジミはかなり多い。
 この花の名前がわからない。ご存じの方おられませんか? この花の雨滴を撮ろうとしていたら、ひらりとどこからともなく飛んできた。

| | コメント (2)

白鷺

I hope I am not interrupting you ...

 踏切を渡ると、いつも数羽の白鷺がいる。ぼんやり歩いていると、鳥の飛び立つ音がして驚く。この日は気づかれないように、近づいてみた。子どもの頃は珍しくはなかった白鷺が、ヘリコプターによる農薬散布のせいか、まったく見られなくなっていた。いつ頃からかまた田んぼに白鷺が戻ってきた。

| | コメント (8)

受診

 昨日は岡田先生の診察を受ける。採血の結果を踏まえ、ワーファリン朝1錠は変わらず。飲まなくてもいいくらいなんですけどね、といわれる。
 採血があるので、予約時間よりは早く出かけたが、今日はあまり待つことなく早い時間に番が回ってきた。
 検査入院のことをたずねたら、後一年は必要はないだろう、ということだった。
「(バイパス)手術はこの点がいいのですよ。カテーテル(による治療)だと半年に一回は検査入院がいりますが、手術したら(バイパス血管に)血が流れているわけですから」
「それはありがたいです。たしかに冠動脈造影は検査そのものが不安ですし」
「私も不安を煽るつもりはありません」
「急に悪くなるということはありますか?」
「それはありません」
 ありがたいことだ。
 目下、渡辺淳一の『冬の花火』を読んでいる。中城ふみ子のことを知りたいと思っていたところ、渡辺の作品があることを知った。31歳で乳癌で亡くなった歌人。

| | コメント (6)

2008年8月29日 (金)

set me free to the sky ...

set me free to the sky ...

 鷺草を初めて見た。名前通りで鷺が飛んでいるように見える。

| | コメント (2)

トップページ | 2008年9月 »